エロネタ漫遊記

とにかくエロにこだわった記事あげていきやす!

*

憧れのデリヘル嬢がなんと引退…

      2015/11/25

先日憧れてたデリヘル嬢を偶然見つけたっていう記事を書きました。そのうち絶対に会おう、次にデリヘル利用するなら絶対この嬢だと思って心の準備をしていたのですが…。

なんと!

まさかの引退。風俗業界から去って行きました。ありえへん。まじでありえへん。

僕がその嬢を初めて見つけたのは、おそらく3~4年前。その時もあまりの魅力的なルックス、ブログにアップされる写メのエロティックさ、ブログに書く文章の品の良さ、醸し出される雰囲気、気になる存在になるまで数秒というような、とにかくインパクトのある嬢でした。

僕はデリヘル嬢の日記を毎日チェックしているのですが、それだけの資質を持ったデリヘル嬢は彼女以外いません。とにかく持っているオーラが違い過ぎる。何かまとっているオーラが違うのです。

そして、かもしだすそのエロさ。とにかく雰囲気がエロ過ぎるのです。オプションで要求しなくても勝手にノーブラ・ノーパンで客に会いに行っていましたし、しかも、ノーパンにパンスト、かつ、超タイトなミニスカート。彼女のブログには、その姿でローアングルから自我撮りした写メが毎日のようにアップされていました。

さらにはHカップの超爆乳。顔は抜群に美人とは言えませんが、まぁそれでも美人の類。感度も良いらしく、毎回ぐっちゃぐちゃに濡れるというマンコ。デリヘル嬢の多くは、毎週毎週愛撫されているせいか、濡れない女性も結構多いのです。そこへきてぐっちゃぐちゃに濡れるという…。

そのデリ嬢を偶然見つけたのが10月後半。そのデリヘルはSNS型デリヘルといい、デリヘル嬢と30通までであれば無料でメッセージ交換ができる機能が付いたサイトを運営しています。さっそく僕はメッセージを送ってみました。

「以前突然引退すると言ってやめたことないですか?」

と聞くと、

「それ、私ですよ」

と。まさに奇跡の再開です。それからたった3週間。先日の日記に何かいつもと違う様子をうかがわせる日記が投稿されました。気になってメッセージを送ってみたら、なんと11月4日をもって風俗界を去るとのこと。結局その嬢とは縁がありませんでした。

ただ、今回は「引退」という言葉は使っていませんでしたので、いつかまた復活する日を夢見て、それまでにいつでも会えるように自分が金持ちになってやろうと誓ったのでした。

 - デリ嬢